コンテンツエリア開始

機能文書 SAP SNC へのかんばん生産管理マスタデータ転送  ナビゲーションストラクチャ内でこの文書をローカライズ

用途

このレポートを使用すると、SAP SNC のかんばん生産管理に必要なマスタデータを ERP システムから SAP Supply Network Collaboration (SAP SNC) に転送することができます。SAP SNC でかんばん生産管理を使用するには、SAP SNC でかんばん生産管理のマスタデータを登録しておく必要があります。

推奨

SAPSNC でマスタデータをマニュアル登録することもできます。ただし、このように処理するとエラーが発生しやすいため、レポートを使用することをお奨めします。

統合

レポートを使用して、SAP R/3 4.6C 以降で SAP SNC ERP バックエンドシステムとして実行します。

前提条件

ERP システムのマスタデータ

ERP システムで以下のマスタデータを登録しておく必要があります。

         供給範囲エリア (オプション)

         かんばん数量 (オプション)

         管理周期のかんばん容器の数 (オプション)

         管理周期 (必須)

管理周期を登録しておく必要があります。特に、管理周期を登録する場合、外部調達を使用して補充方針が実行されることを指定しておきます。本稼動のカスタマイジングで、かんばん補充方針定義: 方針 - 外部調達を選択し、購買発注使用またはサマリ JIT 指示の使用、あるいはその両方を設定しておく必要があります。

         参照項目 (必須)

データ転送の関連付けられた管理周期が検出されるように、分納契約と分納契約番号、または購買契約を ERP システムに一意に登録しておく必要があります。

         管理周期カテゴリ (オプション)

管理周期カテゴリは、通常かんばんおよびイベント起動型かんばんに対してのみ入力することができます。管理周期カテゴリは、SAP SNC 内では、印刷などのための情報専用として使用されます。ERP システムで他の管理周期カテゴリを登録してある場合、またはまったく登録していない場合、SAP SNC のこの項目は空白のままとなります。

         品目 (必須)

         出荷先ロケーションプラント (必須)

         サプライヤ (必須)

         かんばん容器製品 ID (オプション)

データ転送がエラーなしで実行されるために、かんばん容器製品 ID は有効である必要があります。

システム接続およびパートナ接続

SAP SNC ERP システム間の必要なシステム接続を設定しておく必要があります。

得意先ニーズへのレポートの適合

要件に合わせてレポートを調整する場合は、ビジネスアドイン (BAdI) ICH_KANBAN_MD を実装しておく必要があります。詳細については、ERP システムの導入ガイド (IMG) SAP コンポーネント群との統合Supply Network Collaboration/インベントリコラボレーションハブビジネスアドイン (BAdI) BAdI: かんばんのマスタデータ転送を参照してください。

機能

転送済データ

このレポートを使用して、ERP システムから SAP SNC に以下のデータを転送します。

         供給範囲 (担当者を含む)

         かんばん数量

         管理周期のかんばん容器の数

         管理周期

         参照項目 (分納契約番号または購買契約がある分納契約)

         管理周期カテゴリ

         品目

SAP SNC でかんばん生産管理を使用するには、ERP システムで品目を登録し、APO コアインタフェース (CIF) を使用して SAP SNC システムに転送する必要があります。

         出荷先ロケーション

         サプライヤ

         かんばん容器製品 ID

レポート実行のオプション

レポート実行のさまざまなオプション設定をすることができます。

転送タイプ

以下のいずれかの転送タイプを選択することができます。

         完全更新 (削除あり)

SAP SNC データベース内のデータは完全に更新され、データの削除も行われます。外部かんばん生産管理の管理周期のみが転送されることに注意してください。1 つの倉庫から他の倉庫へ転送されるかんばん生産管理は対象外となります。

         完全更新 (削除なし)

SAP SNC データベース内のすべてのデータが更新されますが、既存のデータは削除されません。

         選択パラメータに準拠

選択基準で指定したデータのみが更新され、データは削除されません。

管理周期

転送される管理周期を決定することができます。このことを行うには、以下のいずれかの管理タイプを選択します。

         購買発注

         購買発注およびサマリ JIT 指示 (DIMP システムでのみ)

技術設定

データの転送先の論理システムの名前を入力します。この論理システムは、システムの ABAP 接続で設定した論理システムです。

区分輸送レーンのチェックを設定すると、ERP システムでは、SAP SNC に、いずれかのサプライヤのプラントと得意先の出荷先ロケーションとの間に少なくとも 1 つの輸送レーンがあるかどうかがチェックされます。

アドレス転送

以下のいずれかのオプションを選択してください。

         供給場所 (PSA) のマスタデータからのアドレス転送

ERP システムで供給場所を登録するときに PSA のアドレスを入力します。

         供給場所の担当者のアドレス転送

在庫/購買管理のカスタマイジングで、消費主導型計画マスタデータ定義: MRP 管理者を選択し、PSA の担当者のアドレスを入力します。

         アドレスを転送しない

区分アドレスがない場合終了を設定すると、システムがアドレスを確認できない場合、レポートは終了します。

PSA テキストの転送

このレポートを使用すると、SAP SNC に供給場所に関する説明 (PSA テキスト) を転送することもできます。区分不要な SA テキストを削除を設定すると、SAP SNC で不要なすべての PSA テキストが SAP SNC 内で削除されます。

対象とする言語を指定するこ?ニができます。言語を入力しない場合は、すべての言語の PSA テキストが転送されます。特定の言語の PSA テキストのみを転送すると、他の言語の既存の PSA テキストは SAP SNC 内に残されます。

例

ドイツ語の更新済 PSA テキストのみを転送すると、英語の PSA テキストは変更されないまま、SAPSNC に残ります。

ログ登録

データが転送されるたびに、サプライヤプラントと得意先プラント間に輸送レーンがあるかどうかをシステムでチェックすることができます。また、入力したデータに基づいて得意先が判別されます。これらのチェック中に発生したエラーはすべてログに書き込まれ、ログに表示されます。

ログ登録には以下のオプションがあります。

         ユーザが決定

このオプションでは、ログの登録中に、ログを保存するかどうかが質問されます。

         常にログを保存しない

         常にログを保存する

注記

既存のログを呼び出すことができます。SAP Easy Access 画面で、ツール ABAP ワークベンチ 開発 SAP ビジネスワークフロー ユーティリティ アプリケーションログ アプリケーションログ: ログ照会を選択し、オブジェクト ICH_KANBAN をサブオブジェクトMD_TRANSMIT と共に入力します。

SAP SNC のデータベース更新

ERP システムでは、最初に、データが SAP SNC システムに転送されます。このとき、データは更新されません。次に、データがチェックされ、ログが生成されます。レポート設定に応じて、以下の対処が行われます。

         ユーザが決定

SAP SNC のデータを保存するかどうかを質問するユーザクエリが生成されます。

         保存しない (テスト実行のみ)

テスト実行のみが許可されます。このことは、チェック後にデータが保存されないことを意味します。

         自動

SAP SNC データベース内のデータは常に自動的に保存されます。

 

 

 

コンテンツエリア終了