コンテンツエリア開始

オブジェクト文書 かんばんアラート  ナビゲーションストラクチャ内でこの文書をローカライズ

定義

SAP Supply Network Collaboration (SAP SNC)でのかんばん処理における例外を示すアラートです。

用途

アラートタイプを下表に示します。ID 列はアラートタイプ ID を示します。ソース列にはアラートがどのように生成されたかが示されます。

 

アラートタイプ

ID

ソース

説明

かんばんオブジェクトのチェック時の例外

7093

チェック

SAP SNC により、受信購買発注のチェック時に問題が検出されました。

新規かんばん要求

 

7091

システム

新規のかんばん要求を受信すると、SAP SNC では自動的にこのアラートが生成されます。

アラートの修正 (アラート優先度など) を行ったり、このアラートが生成されないようにする場合は、ビジネスアドイン (BAdI) /SCA/KANBAN のメソッド BEFORE_NEWKNBNUPD を実装する必要があります。

遅延かんばん応答

7092

レポート

得意先は、SAP SNC においてサプライヤが特定の時間内に空のかんばんに応答し、ドラフトとして ASN を登録するか、空のかんばんに対して ASN を発行することを期待しています。この応答時間は、各管理周期に対して SAP SNC で定義します。

この応答時間が遵守されているかどうかをモニタし、必要に応じてサプライヤに遅延を気付かせるためには、SAP SNC システムで /SCA/DM_KNBN_ALRT_LATERESP レポートを定期的に実行します。レポートにより、空のかんばんについて、応答時間を超えているかどうかが確認されます。遅延を判定するため、レポートでは、SAP SNC がかんばん要求を受信した時刻に応答時間が加算されます。このように計算した時刻がすでに過去になっている、したがって応答時間を過ぎている場合に、レポートによりアラートが生成されます。

オンライン処理のためにレポートを呼び出すには、SAP Easy Access 画面で Supply Network Collaboration 例外 アラート生成 かんばん要求に対する遅延応答のアラート生成を選択します。

アラートの変更 (アラート優先度など) を行ったり、このアラートが生成されないようにする場合は、BAdI /SCA/KANBAN のメソッド BEFORE_LATERESUPD を実装する必要があります。

 

 

 

コンテンツエリア終了