コンテンツエリア開始

Procedure documentationBRCONNECT を使用したデータベースユーザのパスワードの変更 Locate the document in its SAP Library structure

用途

リリース 6.10 以降、BRCONNECT を使用して、データベースユーザ SAP<SAPSID>SYS、または SYSTEM のパスワードを変更することができます。

BRCONNECT を使用すると、SAP<SAPSID> のパスワードは暗号化されてからデータベースに保存されます。

手順

BRCONNECT を対話的に使用するか、またはコマンド行を使用して、パスワードを変更することができます。

対話的に変更する手順

...

       1.      以下のコマンドで BRCONNECT を起動します。

brconnect [-u system/<system_password>] –f chpass –u <user_name>

       2.      確認を含め新規パスワードを 2 回入力します。

Note

対話的にパスワードを変更するとき、プラットフォームによっては入力する新規パスワードを非表示にすることができます (ただし、8 文字以下の場合に限ります)

コマンド行を使用して変更する手順

以下のコマンドを入力します。

brconnect [-u system/<system_password>] –c –f chpass –u <user_name> –p <new_password>

それぞれの変数の意味は次のとおりです。

      <system_password> は、SYSTEM データベースユーザのパスワードです。DBA 特権がある別のユーザを使用することもできます。

      <user_name> は、パスワードを変更するデータベースユーザ (たとえば、SAP<SAPSID>) です。

      <new_password> は、ユーザの新規パスワードです。

Note

-u オプションを省略すると、SYSTEM とそのデフォルトパスワードを使用してログオンが行われます。

 

コンテンツエリア終了