コンテンツフレーム起動

バックグラウンドの文書化  勘定コードマスタデータ転送についての情報 文書を SAP ライブラリストラクチャに組み込む

 

A. オブジェクトプロファイル

オブジェクト名と識別子

アプリケーションオブジェクトの名称

勘定コードマスタレコード

ビジネスオブジェクトの名称

BUS3006

DX ワークベンチオブジェクト番号とサブオブジェクト番号

10 / 2

変更文書オブジェクト

SACH

テキスト () オブジェクト

なし

データカテゴリ

マスタデータ

番号割当

外部

レガシシステムの番号項目

SKB1-ALTKT

トランザクション

登録

FS01

変更

FS02

ブロック/ 解除

FS05

削除フラグのセット/ リセット

FS06

レポート / プログラム

転送データの評価レポート

なし

マスタデータの削除プログラム

SAPF019

テーブル/ データベース

関連テーブル

SKA1SKB1SKAT

テーブルスペース

PSAPSTABD ( データ)
PSAPSTABI (
索引)

論理データベース

SDF

カスタマイジング

データ転送に影響を与えるカスタマイジングアクティビティ

総勘定元帳 G/L 勘定 マスタデータ 準備

        勘定コード表の改訂 (OB13)

        勘定コード表への会社コードの割当 (OB62)

        勘定グループの定義 (OBD4)

        未処分利益勘定の定義 (OB53)

時間と順序

転送する時間

勘定コードマスタデータは、いつでも SAP システムに転送することができます。

他のデータへの依存

        会社コード

        勘定コード表

        勘定グループ

B. バッチインプット (BI)

BI 転送プログラム

RFBISA00

制約と特別注記

なし

ユーザ Exit

なし

テストデータ生成のプログラム

RFBISA50

APPEND 構造

なし

Z 構造

ZSKX

NODATA 文字

/

RESET 文字

スペース

関連項目 :

プログラム RFBISA00 の文書

勘定コードマスタデータの転送

 

 

 

コンテンツフレーム終了