AND ( 論理積 ) の使用 

AND ( 論理積 ) 演算子を使う場合、組み合わせ命令が真となるためには、組み合わされた命令の両方が真でなければなりません。

1.

ロサンジェルスはカリフォルニア州の都市である AND (2 + 2 = 4) ( )

2.

(2 + 2 = 4) AND (10 < 6) ( )

3.

(10 < 6) AND (2 + 2 = 4) ( )

4.

(2 + 3 = 4) AND (10 < 6) ( )

次の表は、 AND ( 論理積 ) 演算子の真理値表です。

 

命令 A

命令 B

A AND B

 

FI-SL アプリケーションコンポーネントでは、データを使う前に両方の命令が真であることを確認するために、 AND ( 論理積 ) 演算子を使います。

次の図では、取引を元帳に転記するかどうかを決定するために、 AND ( 論理積 ) 演算子の真理値表が使われています。

 

 

取引が勘定コード 500000 で原価センタが 150 である場合、組み合わせ命令は真となり、データは元帳に転記されます。取引が勘定コード 500000 でないか、または原価センタ 150 でない場合、組み合わせ命令は偽となり、データは元帳に転記されません。