FI-SL におけるチェックの有効化 

チェックを使用可能にするには、チェックを有効化します。たとえば、管理会計 (CO) でチェックを使用している場合は、 CO でこれを有効化する必要があります。 CO でのチェックの使用に関する追加情報については、関連する CO 文書を参照してください。

チェックを特別目的元帳 (FI-SL) で使う場合は、そこで有効化する必要があります。

手順

  1. 特別目的元帳のカスタマイジングで、基本設定→ローカルチェック更新 ( ローカル会社コードの場合 ) 、または グローバルチェック更新 ( グローバル会社コードの場合 ) の順に選択します。
  2. ビュー変更 ”特別目的元帳のチェック / 会社コード” : 概要画面 ( ローカル会社の場合 ) または ”特別目的元帳のチェック / グローバル会社” : 概要画面 ( グローバル会社の場合 ) が表示されます。

  3. この画面では、次の追加処理機能を使うことができます。

追加処理機能 - ビュー変更 ”特別目的元帳のチェック / 会社コード / グローバル会社” : 概要画面

選択

目的

位置 ...

チェックを行う特定の会社コード / アプリケーションエリア / 呼出位置の組合せを照会する。

テーブルビュー→変更→照会

テーブル情報を照会する。

テーブルビュー→印刷→標準一覧

定義済みのすべてのチェックを印刷する。

テーブルビュー→印刷→変数一覧

ユーザ定義の選択条件に従い、特定のチェックを印刷する。

テーブルビュー→保存

入力したテーブル情報を保存する。

テーブルビュー→移送

修正番号で移送用テーブルを準備する。

編集→新規エントリ

新規エントリを登録する。

編集→選択→全選択

継続処理 ( 削除など ) のためすべてのエントリを選択する。

編集→選択→全選択解除

全エントリの選択を解除する。

編集→選択→ブロック選択

継続処理を行うエントリのブロックを選択する。

編集→削除

エントリを削除する。

編集→別名コピー ...

新規会社コード / グローバル会社にエントリをコピーする。

編集→項目内容の変更

チェック定義の項目内容を変更する。

編集→変更取消

変更したチェックを元の定義に戻す

ジャンプ→詳細

チェック定義の特定情報を照会する。

ジャンプ→次エントリ

次のチェックエントリを照会する。

ジャンプ→前エントリ

前のチェックエントリを照会する。

ジャンプ→他エントリ ...

特定のチェックエントリを照会する。

選択→内容別 ...

項目内容ごとにチェックの定義を照会する。

選択→全選択エントリ

編集機能を使って選択されたチェックの定義のみを照会

選択→全変更済エントリ

この時点で 変更機能を使って変更されたエントリのみを照会する。

選択→全登録済エントリ

この時点で 登録 / 変更機能を使って登録されたエントリのみを照会する。

選択→削除エントリ照会

この時点で 登録 / 変更機能を使って削除されたエントリのみ照会する。

ユーティリティ→比較→クライアント 000

チェックエントリをクライアント 000 に配信されているエントリと比較する。

ユーティリティ→比較→他クライアント ...

チェックエントリを他のクライアントのエントリと比較する。

ユーティリティ→比較→他システム ...

チェックエントリを他のシステム内のエントリと比較する ( たとえば、テストシステムと本稼動システム )

ユーティリティ→依頼管理

移送依頼の更新および照会などのために、ワークベンチオーガナイザーを呼び出す。

環境→チェック

チェックを登録する。

環境→代入

代入を登録する。

 

  1. 編集→新規エントリを選択します。
  2. 新規エントリ : 登録済エントリの概要画面が表示されます。

  3. 以下のデータを入力してください。
  4. − チェック用のローカルまたはグローバル会社コード

    − チェック用の呼出位置コード

    − チェック名

    − チェックの有効化レベル

  5. この画面では、上の表に示す追加処理機能を使うことができます。
  6. 前画面に戻ります。
  7. チェック定義を照会するには、カーソルをチェック行に移動し、ダブルクリックします。
  8. チェックの有効化を保存するには、テーブルビュー→保存を選択します。

チェックの依存性は、アプリケーションエリアコードごとにテーブルに保存されます。

次の表では、あるアプリケーションエリアコードのテーブル構造の一例を示します。

 

会社

呼出位置

チェック

有効

SAPD

0001

VALID1

1

SAPD

0002

VALID3

1

SAPGB

0001

VALID2

0

SAPUSA

0001

VALID1

1

 

有効化項目は、アプリケーションエリアコードによって異なる場合があります。

アプリケーションエリアコード CO を使用するチェックを定義することはできますが、チェックは会社 1000 に対して CO で行われた転記についてのみ有効です。