チェックの照会 

  1. 特別目的元帳のカスタマイジングで、ツール チェック / 代入 / ルールの更新 チェック更新の順に選択します。
  2. ルール更新画面が表示されます。左側の管理領域で、必要なアプリケーションエリアのノードを展開します。次に必要な呼出位置のノードを展開します。必要なチェックのノードを選択します。
  3. チェック 照会を選択します。 チェック照会 : < 代入名 > ( ヘッダデータ ) 画面が表示されます。
  4. この画面では、以下の追加機能を使用することができます。
  5. 追加機能 チェック照会 : < チェック名 > ( ヘッダデータ )

    選択

    機能

    チェック 選択

    チェックを選択します。選択したチェックが表示され、対応するノードが自動的に展開されます。

    チェック シミュレート

    チェックをシミュレートし、チェックが呼び出される際にチェック / 代入に使用されるデータ項目を表示します。追加情報については、 チェック / 代入 / ルールのシミュレーションを参照してください。

    チェック 概要

    チェックの内容を表示します : メッセージを伴うステップ、前提条件、使用される要素 ( 構造項目、 Exit 、セット、その他のルール ) によるチェック。

    チェック 照会 変更

    変更モードに切り替えます。

    補足 ...

    チェックの登録を参照してください。

    環境 ...

    チェックの登録を参照してください。

     

  6. チェックの内容を照会するには、必要なノードを拡張または選択してください。