レポートライタ対象の一覧 

  1. 任意のレポートライタレポート画面から、ユーティリティ→カタログを選択します。
  2. レポートライタ : < 対象 > カタログ画面が表示されます。

    定義済みレポートの一覧を表示する場合は、ユーティリティ→カタログを選択します。すると、レポートライタ : レポートカタログ画面が表示されます。

  3. 必要なデータを入力してください。
  4. 入力したデータによって、表示に選択される対象が決まります。

  5. プログラム→実行を選択します。

前画面で入力した条件を満たす対象の一覧が表示されます。

レポートおよびジョブカタログからジャンプメニューオプションの各機能を使って、選択したレポートおよびジョブ ( いずれも複数可 ) の変更、照会、削除および実行を行うことができます。

ジョブカタログは、ジョブごとに行われたデータ選択件数に関する統計と、最後にそのジョブのデータを選択したユーザの名前を提供します。