外部ファイルへのレポートのエクスポート 

プレゼンテーションサーバまたはアプリケーションサーバでは、レポートを外部ファイルにエクスポートすることができます。

レポートをプレゼンテーションサーバにエクスポートする場合は、プレゼンテーションサーバへエクスポートダイアログボックスで、必要に応じて以下のデータを入力します。

データをテーブル書式でファイルにエクスポートするには、スプレッドシートを選択します。行のテキストと値は、タブ区切り書式でエクスポートされます。エクスポート用の列ヘッダとテキストもエクスポートされます。この書式は、レポートをスプレッドシートプログラムで処理するのに特に向いています。

レポートをファイルにテキスト書式でエクスポートするには、ワードプロセッサを選択します。レポートは、画面上の表示どおりにエクスポートされます。この書式は、レポートをワードプロセッサプログラムで使用するのに特に向いています。

レポートを Microsoft Excel にエクスポートするには、 Microsoft Excel を選択します。レポートの書式と合計レベルもエクスポートされます。 MS Excel テーブルは、 R/3 レポートと同じセル書式を使用します ( 色、アンダースコア / オーバースコア、数値書式を含む ) 。このオプションは、 Windows または Windows NT のオペレーティングシステムを使用している場合にのみ使用可能です。

MS Excel へエクスポート設定を選択すると、レポートを Microsoft Excel へエクスポートするようにシステム設定することができます。

レポートを HTML ( HyperText Markup Language) 書式のファイルにエクスポートするには、 HTML 書式を選択します。デフォルトのインターネットブラウザ (Netscape Navigator Microsoft Internet Explorer など ) が自動的に開始され、このブラウザを使ってレポートが表示されます。レポートの各セクションは、 1 つの HTML テーブルに変換されます。エクスポートに特定のテキストを定義しておくと、レポートページの先頭にこのテキストが表示されます。定義していない場合は、レポートのタイトルページが表示されます。

レポートを DBASE またはその互換のデータプログラムにエクスポートするには、 DBASE 書式を選択します。

レポートを Lotus のスプレッドシート書式にエクスポートするには、 WK1 書式を選択します。この書式は、レポートをプレゼンテーションサーバへエクスポートするときは使わないことをお奨めします。

この項目に && と入力すると、プログラムの実行時にこの文字が現在のファイル名 ( ファイル名の項目 ) に置き換わります。

表示されるダイアログボックスで、必要に応じて列、行、および数値書式のエクスポート設定を行います。

Microsoft Excel .rpw ファイルを開く際、ファイルを開くたびにダイアログボックスに Excel の設定を表示するかどうかを指定することができます。このダイアログボックスを表示する場合は、 エクスポート時にダイアログボックスを呼出フラグを設定します。

レポートライタから Microsoft Excel へエクスポートするために必要なすべてのファイルが PC にインストールされているかどうか、 インストールチェック機能を使ってチェックすることをお奨めします。レポートをエクスポートできないときは、必要なインストールファイルの一部がない可能性があります。インストール上の問題があれば、この機能を使用してトラブルシュートを行えます。

PC の使用中に、レポートを Microsoft Excel のスプレッドシートプログラムにエクスポートするとします。以下のような入力を行います。

 

エクスポート書式

Microsoft Excel

ファイル名

C:\excel\data\report.rpw

プログラム

C:\excel\excel

アプリケーション用パラメータ

&&

 

c:\excel\ が標準パスとして設定されている場合は、パスを指定する必要はありません。

レポートを Apple Macintosh 環境の外部ファイルにエクスポートする場合、アプリケーションを起動してエクスポートされたデータを照会することができます。

以下を考慮してください。

レポートを アプリケーションサーバにエクスポートしする場合は、アプリケーションサーバを選択して、以下のデータを入力します

データをテーブル書式でファイルにエクスポートするには、スプレッドシートを選択します。行のテキストと値が、タブ区切り書式でエクスポートされます。エクスポート用テキストもエクスポートされますが、列ヘッダはエクスポートされません。この書式は、レポートをスプレッドシートプログラムで処理するのに特に向いています。

レポートをファイルにテキスト書式でエクスポートするには、ワードプロセッサを選択します。レポートは、画面上の表示どおりにエクスポートされます。この書式は、レポートをワードプロセッサプログラムで使用するのに特に向いています。