セルの編集とキー数値を持つセクションの定義 

セルの編集

レポート内で計算を行うにはセルを使用します。 セルは、レポートの列 - 行マトリクス内の特定ロケーションを、正確に指定します。レポートペインタでは、行、列、および個別のセルを使用することができます。セルを使って作業する場合は、該当するセルを選択する必要があります。

セルの編集は、行と列のエレメントを編集するときと同じように行います。これを行うには、編集したいセルにカーソルを合わせて、編集→エレメント→エレメントの定義を選択します。

セル処理 : セルタイプ選択ダイアログボックスのデフォルトとして、選択解除フラグが立てられます。レポートでセルを使って作業したい場合は、選択済を選択します。

このようにして選択したセルは、レポート全体 ( 全セクションと列ブロック ) の論理式エディタで列を定義するために使用することができます。

選択したセルでは、複数のセクションに対してのみ計算を行うことができます。

選択したセルにテキストを入力しないと、自動的に内容説明が割り当てられます。この内容説明は、行テキスト / 列テキストです。ユーザのセルテキストを入力するには、セルの上にカーソルを移動して、 編集→エレメント→テキスト変更と選択します。それで、セルにテキスト(短、中、または長)を入力できるようになります。

キー数値を持つセクションの定義

キー数値を含むセクションには、レポートで使用される最重要値の概要を登録することができます。キー数値を持つセクションは新しいレポートセクションで、新しい画面に表示されます。キー数値を持つセクションは、通常、レポートの最後で定義します。

キー数値を持つセクションを定義するには、まず最初にセクションで使用したいセルを選択しなければなりません。セル選択に関する詳細は、上記の“セルの編集”の項を参照してください。これらのセルにユーザのテキストを定義することもできます。

キー数値セクションを登録するには、ジャンプ→新セクションを選択します。新レポートセクションダイアログボックスで、計算されたキー数値を持つセクションを選択します。

キー数値を持つセクションは、テキスト(短、中、および長)を入力できる行 / 列構造から構成されています。セクションにテキストを入力するには、行または列にカーソルを合わせて、 エレメントの定義を選択します。

これにより、セクションで使用したいセルを、行 / 列組合せの交差点に定義することができます。カーソルを該当するセルに合わせて、 エレメントの定義を選択します。

論理式エディタで、キー数値を持つセクションにセル計算を入力します。レポート全体で選択したすべてのセルは、論理式エディタで押ボタンとして表示されます。ここで必要に応じて、キー数値論理式を定義することができます。

論理式エディタを使用すると、選択したセルを基準に計算したセルの他に、キー数値を持つセクションで選択したセルを使用することができます。

また、キー数値を持つセクションで使用したセルを再度選択し、セクションの他のセルの値を計算することができます ( 繰返セル定義 )

レポートの他セクションに、キー数値付きセクションで使用するセルを表示または印刷したくない場合は、編集→行 / 列→非表示機能を使用して、該当する行と列を非表示にすることができます。