列ブロックとセクションの定義 

列ブロックの定義

列ブロックは、論理単位を形成する 1 つまたは複数の物理レポート列で構成されています。列ブロックは新しいレポートページと画面で定義および表示されます。新しい列ブロックを定義しても、レポート行定義には変更はありません。これによって、同一の行定義であるけれども異なる列定義を使用して、レポートを登録することができます。

新しい列ブロックを定義するには、ジャンプ→新しい列ブロックを選択します。行がすでに定義されている行 / 列構造が表示されます。 行と列の定義に説明されている手順を使用して、列を定義します。

ジャンプ→列ブロック→第一ブロック / 前ブロック / 次ブロック / 最終ブロックを選択することにより、さまざまな列ブロック間で切り替えることができます。

複数の列ブロックにわたる計算を行うことができます。このため、別の列ブロックの列を参照する論理式を定義することもできます。

セクションの定義

セクションは、論理単位を形成する 1 つまたは複数の物理レポート行 および列で構成されます。 1 つのセクションは、 1 つのレポート定義内の独立ブロックで、新しい画面に表示されます。

レポートで新しいセクションを定義するには、ジャンプ→新セクションを選択し、表示されるダイアログボックスで特性およびキー数値付きセクションを選択します。 ( 算出されたキー数値を持つセクションの定義についての詳細は、 セルの編集とキー数値付きセクションの定義を参照してください。 )

新しい行と列の構造が表示されますので、新しいレポートセクションをここで定義します。 行と列の定義に説明されている手順を使用して、行と列を定義します。

ジャンプ→セクション→第一セクション / 前セクション / 次セクション / 最終セクションを選択して、異なるセクションの間を切り替えることができます。

補足→セクション→ソートを選択すると、レポートのセクションの順序を変えることができます。

行または列を使用した計算は、同一のレポートセクションの中でしか行えません。複数のレポートセクションにわたる論理式の計算を行いたい場合は、最初にセルを選択します ( 詳細は、 セルの編集とキー数値付きセクションの定義を参照してください )

レポートに複数のセクションが含まれる場合は、 補足 → セクション → 改ページを選択すると、個々のレポートの間に改ページまたは空白行を挿入することができます。次に表示されるダイアログボックスで、前に改ページを挿入したいセクションの隣の項目に * を入力します。セクションの前に特定の行数の空白行を入力したい場合は、それぞれのセクションの隣にある項目に空白行の行数を入力します。このダイアログボックスで行う設定は、レポートのレポートグループを実行した時点ではじめて有効になります。

概要

レポートの定義が完了したら、 補足→概要を選択して、レポート定義全体を表示および印刷することができます。

概要には、個別項目、列ブロック、一般データ選択基準で使用される特性および特性値が含まれています。レポート書式の詳細の他に、レポートを最後に変更したユーザ、レポート名、およびレポートに割り当てられた標準レイアウトなどの一般情報も提供されます。

個別特性をダブルクリックすると、レポート定義の中でその特性が使われている正確な場所を表示することができます。