行と列の定義 

レポートの登録

  1. レポートペインタ画面から、レポート→登録を選択します。
  2. レポートペインタ : レポート登録画面が表示されます。

    レポートペインタレポートの定義は、レポートライタ→レポートペインタ→レポート登録を選択することにより、レポートライタレポートのどの画面からも行うことができます。

  3. レポートに使われるライブラリの名称、およびレポートの名称とテキストを入力します。
  4. 既存のレポートを参照してレポートを登録したい場合は、コピーしたいレポートの名称を入力します。
  5. この 2 つのレポートは、同じライブラリを使用しなければなりません。

  6. 続行を選択します。
  7. 次画面では、レポートの基本構造である 4 つの行と列を含んだ未記入のレポートを表示します。レポートは、この画面で定義します。

  8. レポートテキスト項目をダブルクリックして、レポートのテキストを入力または変更します。

ダイアログボックスが表示され、そこでレポートテキストにテキスト ( 短、中、長 ) を入力することができます。

レポートセクションにテキストを入力することもできます。セクションは、 1 つのレポート定義内の ( 行と列がある ) 独立したブロックです。レポートには、複数のセクションを定義することができます。

エレメントの定義

画面上でクリックできるすべてのオブジェクトを、 エレメントといいます。それぞれの行、列、セルはレポートのエレメントです。

定義したいエレメントにカーソルを合わせて、編集→エレメント→エレメントの定義を選択するか、またはそのエレメントをダブルクリックします。一連のダイアログボックスが表示され、そこでエレメントを定義します。

レポートペインタレポートを登録する場合、最初の列は次のようにして定義します。

  1. 定義したい列にカーソルを合わせて、編集→エレメント→エレメントの定義を選択します。
  2. ダイアログボックスが表示され、そこでレポート列に特性付きキー数値を入力するか、または事前定義列を入力するかどうかを選択します。
  3. この例では、特性付きキー数値を使用しています。

  4. 特性付きキー数値を選択して、確認を選択します。
  5. 次に表示されるダイアログボックスに、レポートで使用されるライブラリに選択されているキー数値がすべて一覧表示されます。

  6. レポートに使いたいキー数値を選択して、確認を選択します。

次に表示されるダイアログボックスに、この列に入力できる特性がすべて一覧表示されます。これらは、レポートに使用されるライブラリに選択されている特性です。特性が選択一覧に表示される順序は、ライブラリ定義の 位置項目によって決定されます。このことにより、レポートで定期的に使用する特性を、項目一覧の最初に位置することができます。

  1. 列に入力したい特性を選択して、確認を選択します。
  2. 次に表示されるダイアログボックスで、選択した特性に値を入力して、確認を選択します。
  3. 選択した特性には、個別値、値範囲またはグループを入力することができます。

    選択した特性に可能な値をすべて定義したい場合には、アスタリスク ( *) を入力します。

    選択した特性に初期値を定義したい場合には、 # の文字を入力します。

    選択した特性に値を入力する際にリフレッシュ機能を使うと、入力した値と変数またはそのいずれかに定義されたテキストを表示することができます。

  4. 特定の特性値を入力せず、変数を入力したい場合は、次の手順で行います。
  5. a) 関連する入力項目にカーソルを合わせ、 変数オン / オフを選択します。

    項目の前にアイコンが表示され、それに合わせて項目サイズが調整されます。

    b) 変数の名称を入力して、 確認を選択します。

    入力できる変数は、すでにシステムに存在するものに限られます。

    変数についての詳細は、 変数: はじめにを参照してください。

  6. 次に表示されるダイアログボックスに、エレメントを説明する 3 つのテキストを入力します。エレメントが新しい場合は、最初の特性の ’開始’ 特性のテキストがデフォルトとして表示されます。どのテキスト ( 短、中または長テキスト ) を列のヘッダとして使用するかは、後で決定することができます ( 行と列の書式設定) を参照 )
  7. レポート列に入力したテキストを後に変更したい場合は、単に列テキストを上書きするか、またはその列エレメントにカーソルを移動して、編集→エレメント→テキスト変更を選択します。

    リリース 3.0C から、列ヘッダに変数を使用することができます。列テキストタイプ キーがレポートの標準レイアウト ( 列テキスト ) で選択されている場合、レポートを実行するときに変数は変数のデフォルト値に置換されます。

    レポート列を説明する 3 つのテキスト用のダイアログボックスに変数を入力します。変数を列ヘッダとして入力するには、 & と変数名を入力します。

    たとえば、レポートで特性期間として値変数 &PERIOD を使用し、列ヘッダに期間の現在値を表示するとします。レポートの列ヘッダに変数 &PERIOD を入力します。列テキストタイプ キーがレポートの標準レイアウトで選択されると、レポートを実行するときに変数 &PERIOD が期間値 ( たとえば 5) に置換されます。期間テキストは、他のすべての列テキストタイプに対して印刷されます ( たとえば 5 月など )

    書式→全列→テキスト長機能を使うと、列ヘッダとして使いたいテキストを決めることができます。

  8. ステップ1〜8に示した手順で、2番目のレポート列を定義します。
  9. ステップ2のダイアログボックスでは、列を特性付きキー数値、事前定義列、または論理式として定義してください。

    レポート行または列に他のエレメントを定義する際は、選択またはコピー機能を使って行います。コピーしたいエレメントを選択し、コピーを挿入したい行または列にカーソルを移動して、編集→選択エリア→コピーを選択します。必要に応じてコピーしたエレメントを変更することができます。

  10. 論理式を使って2番目のレポート列を定義したい場合は、次の手順で行います。

a) 論理式を選択します。

論理式エディタが表示され、そこで他のレポート列、および以前に定義したセルを使用して、列を計算する論理式を定義できます。

b) 論理式を入力して、 確認を選択します。

別の列ブロックのエレメントを参照する論理式を定義することもできます。しかし、 1 つのレポートセクションには 1 つの論理式しか定義できません。

上記の手順例で説明したのは、レポート列を定義する方法です。レポート行も同じようにして定義しますが、レポート行には事前定義列を入力することはできません。そのレポートが使用するライブラリに選択されている特性を使用して、行エレメントを定義します。レポート行の定義には、行モデルを使用することもできます。

次の図はレポートの行および列定義の例です。

 

 

行の編集

編集→行のオプションを使うと、レポート行を編集する各種の特別機能を選択することができます。列モデル入手オプションにより、事前定義された行構造がレポート行に挿入されます。詳細は、 行と列のモデルの定義を参照してください。空白行挿入では、現在の行 ( カーソルが置かれた所 ) に空白行が挿入されます。

編集→行→非表示機能を選択すると、カーソル位置のレポート行が非表示になります。非表示行の内容は保持されており、論理式にも使用することができます。非表示行を編集するには、非表示行→変更を選択します。非表示行は、削除および照会もすることができます ( 削除および表示の各機能を使用 )

編集→行→展開機能を使うと、行特性に定義されたグループ / 値範囲の階層レベルが展開されます。詳細は、 レポート行の展開を参照してください。

列の編集

編集→列のオプションを使うと、レポート列を編集する各種の特別機能を選択することができます。列モデル入手オプションでは、レポート列に事前定義された列構造が挿入されます。詳細は、 行と列のモデルの定義を参照してください。

編集→列→非表示機能を選択すると、カーソル位置のレポート列が非表示になります。非表示列は非表示行と同じように処理できます。

レポート列での論理式変数の使用

論理式変数は、変数の値を決定するユーザ定義の論理式を表します。レポートの列に論理式変数を使用すると、複数の新しいタイプのレポートを登録することができます。

これについての詳細は、 レポートでの論理式変数の使用例を参照してください。