セット内で重複する値のチェック 

  1. セットの登録 / 照会 / 変更 / 削除画面で、ユーティリティ→移送→あいまいさチェックを選択します。
  2. あいまいさチェック画面が表示されます。

    重複値のチェックは、基本セットおよび単一次元セットでのみ行うことができます。

  3. 重複値があるかどうかをチェックするセット名を入力します。
  4. 初期設定では、パス指定フラグが立てられています。 セットに一度以上同じセットが含まれる場合は、重複するセットを探しやすいように、セット階層パスが一覧表示されます。

  5. プログラム→実行を選択します。
  6. あいまいさチェック画面が表示され、セット内に2回以上現れる値の一覧が表示されます。

  7. この画面では、以下の追加機能を使用することができます。

追加処理機能 - あいまいさチェック画面

選択

目的

一覧→印刷

重複値を含むセットの一覧を印刷

編集→セット変更

重複値を含むセット ( 複数可 ) を変更。 セット変更トランザクションに分岐します。