複合次元セット値の入力 

  1. セット登録 : ヘッダ画面から、ジャンプ→セット明細を選択します。
  2. 複合次元セット用のセット登録 : 基本入力画面が表示されます。

  3. 以下のデータを入力してください。
  4. − 複合次元セットに取り込むセット名を入力します。

    同一のテーブルを使用する基本セット、データセット、単一次元セットのすべてまたはいずれかを、登録する複合次元セットとして入力することができます。

    セット名は、1つのセットクラス内で一意です。2つの異なるセットクラスに存在するセット名を入力すると、ダイアログボックスが表示されて、複合次元セットに入力したいセットを入力することになります。

    複合次元セットにはセット変数を入力することもできます。セット変数は、登録する複合次元セットと同じテーブルを使用しなければなりません。

    レポート内で複合次元セットを使用する場合は、セットの順序が大切です。レポートは、セット登録 : 基本入力画面で入力した順序でセット値を表示します。

    複合次元セットには、まだ存在していないセットを入力することができます。その場合、そのセットを登録したいかどうかを尋ねるダイアログボックスが表示されます。新しいセットを登録し、その後、複合次元セットの更新を続行することができます。

    このため、複合次元セットを実際に登録する前に、その複合次元セットに含めるセットを登録しておく必要はありません。

    − レポートライタに特定明細の合計のみを印刷させ、個別の値は印刷させない設定をするかどうかを定義するフラグ。

    レポートにセットを使用する際は、セット明細の個別な値ではなくセット明細の合計のみが印刷されます。

    − セット明細の印刷クラス

    詳細は、 セットでの印刷クラスの設定を参照してください。

    − セット明細のシンボル 詳細は、 レポートライタでのシンボルの使用を参照してください。

  5. この画面では、以下の追加機能を使用することができます。

追加処理機能 - セット登録 : 基本入力画面 ( 複合次元セット )

選択

目的

編集→新登録値

追加セット値の入力

編集→明細挿入

セット明細の挿入

編集→明細削除

セット明細の削除

編集→変数 ...

セットへの変数の入力

ジャンプ→ヘッダ

セットへのヘッダ情報の入力

ユーティリティ→ < オプション >

ユーティリティメニューオプションを使用した追加処理機能に関しては、 セットヘッダの登録のテーブルを参照のこと

 

  1. セットを保存するには、セット→保存を選択してください。

参照:

セットでのセット変数の入力