代入の登録 (

用途

  1. 特別目的元帳のカスタマイジングで、ツール チェック / 代入 / ルールの更新 代入更新の順に選択します。
  2. 代入変更 : 第一画面が表示されます。

  3. 代入 登録を選択します。
  4. 代入登録 : 第一画面が表示されます。

  5. 以下のデータを入力してください。

この項目に入力できる呼出位置は、代入に入力したアプリケーションエリアによって異なります。

たとえば、伝票全体のデータを代入できるマトリクス代入を登録する場合は、財務会計 (FI) で呼出位置コード 0003 ( 伝票全体 ) を使用します。

アプリケーションエリア / 呼出位置の組み合わせの入力例については、 チェックの登録の表を参照してください。

  1. 既存の代入をコピーして代入を登録する場合は、コピーする代入の名称を項目コピー元 - 代入に入力します。
  2. この代入のブール論理クラスは、登録中の代入と同じでなければなりません。

  3. 続行を選択します。
  4. 代入登録 : < 代入名 > 画面 (1) が表示されます。

  5. 代入のテキストを入力します。
  6. この画面では、以下の追加機能を使用することができます。
  7. 追加機能 代入登録 : < 代入名 > 画面 (1)

    選択

    機能

    代入 保存

    代入を保存します。

    編集 全選択解除

    選択したすべてのステップを選択解除します。

    編集 選択

    継続処理 ( 削除など ) 行う代入ステップを選択します。

    編集 移動

    選択した代入ステップを新しい位置に移動します。

    編集 エントリ挿入

    代入ステップを追加します。

    編集 エントリ削除

    代入ステップを削除します。

    ジャンプ ヘッダ

    代入権限グループの入力、および / または代入名 / テキストの変更を行います。代入のブール論理クラスを照会することもできます。

    ジャンプ 前ステップ

    前の代入ステップを表示します。

    ジャンプ 次ステップ

    次の代入ステップを表示します。

    補足 トレースオン

    トレース機能をオンにします。伝票転記の際に代入が呼び出され、代入に使われるデータが表示されます。この機能を使うと、代入定義で起こり得るエラーを診断することができます。追加情報については、 チェック / 代入 / ルールのトレースを参照してください。

    補足 トレースオフ

    トレース機能をオフにします。

    補足 使用

    代入が現在使われている位置を照会します。

    環境 ルール更新

    ルールの登録 / 変更 / 照会を行います。

    ビュー すべてのステップ

    すべての代入ステップを表示します。

    ビュー 選択されたステップ

    選択された代入ステップだけを表示します。

    編集 選択

    特定の検索条件を使用して代入ステップを選択します。

     

  8. 編集 エントリ挿入を選択します。
  9. ダイアログボックスが表示され、このブール論理クラスの代入に使える項目が一覧表示されます。

  10. 代入に使用する項目を選択して、選択を選択します。
  11. 代入登録 : < 代入名 > 画面 (2) が表示されます。

  12. 代入ステップのテキストを入力します。
  13. 代入するデータを選択するために使うブール論理式 ( 前提条件 ) を入力します。
  14. 前提条件命令が偽の場合、値は代入されません。

    前提条件命令は、直接入力することも、論理式エディタを使用して入力することもできます。論理式エディタには、チェック、代入、およびルールに論理命令を入力するための使いやすいインタフェースが用意されています。

    論理式エディタを用いて前提条件命令を入力するには、論理式エディタを選択します。追加情報については、 論理式エディタを参照してください。

    ブール論理式を入力するための構文ルールの追加情報については、 ブール論理式の構文ルールを参照してください。

    前提条件命令に、ユーザ Exit ( タイプ 1 または 3) を入力することもできます。ユーザ Exit の追加情報については、 チェック / 代入 / ルールのユーザ Exit を参照してください。

  15. 代入ステップで使用する項目を選択し、以下のデータを入力します。

代入命令が真の場合、定数値として入力した数値が代入されます。

前提条件命令が真の場合、代入 Exit 番号によってユーザ定義プログラムが参照されます。複雑な代入は、ユーザ定義プログラムを使って登録します。

代入 Exit 番号には、ユーザ Exit タイプ 2 のみを使用することができます。ユーザ Exit の追加情報については、 チェック / 代入 / ルールのユーザ Exit を参照してください。

  1. この画面では、以下の追加機能を使用することができます。
  2. 追加機能 代入登録 : < 代入名 > 画面 (2)

    選択

    機能

    代入 チェック

    ブール論理式の構文をチェックします。

    編集 移動

    選択した代入ステップを新しい位置に移動します。

    編集 エントリ挿入

    代入ステップを追加します。

    編集 エントリ削除

    代入ステップを削除します。

    ジャンプ ヘッダ

    代入権限グループの入力、および / または代入名 / テキストの変更を行います。代入のブール論理クラスを照会することもできます。

    ジャンプ 次ステップ

    次の代入ステップを表示します。

    ジャンプ 前ステップ

    前の代入ステップを表示します。

    補足 論理式項目一覧

    代入ルールに使用できる有効な項目の一覧を照会します。これらの項目は、代入のブール論理クラスによって決定されます。

    補足 代入項目 ...

    代入に使える有効な項目とテーブルの一覧を照会します。これらの項目とテーブルは、代入のブール論理クラスによって決定されます。

    補足 ルール一覧

    代入と同じブール論理クラスを使うルールの一覧を照会します。

    補足 セット一覧

    登録済みのセットの一覧を照会します。追加情報については、 セット一覧の照会を参照してください。

    補足 トレースオン

    トレース機能をオンにします。伝票転記の際に代入が呼び出され、代入に使われるデータが表示されます。この機能を使うと、代入定義で起こり得るエラーを診断することができます。追加情報については、 チェック / 代入 / ルールのトレースを参照してください。

    補足 トレースオフ

    トレース機能をオフにします。

    環境 ルール更新

    ルールの登録 / 変更 / 照会を行います。

     

  3. 前画面に戻ります。
  4. 代入登録 : < 代入名 > 画面 (1) が表示されます。

    代入用の新しいステップが表示されます。ステップには、番号が自動的に割り当てられます。

    代入ごとに、ステップを 999 まで定義することができます。代入ステップは、画面での表示順に処理されます。処理順序を変更するには、 編集 移動を選択します。

    代入定義が 5 行を超える場合は、項目 続行にフラグが設定されます。

  5. 代入 保存を選択します。