Select language:
コンテンツエリア開始!--a11y-->

Component documentation ALE/EDI

用途

電子データ交換 (EDI) および Application Link Enabling (ALE) は、異なるシステム間のビジネスデータ交換に使用されます。
いずれの通信フォームにも、IDoc インタフェースが必要です。IDoc インタフェースは、データ構造の定義とその処理論理で構成されています。このデータ構造が、IDoc です。IDoc は通信システムの一般的な交換フォーマットです。IDocs はさまざまな方法 (たとえば、Structure linkRFCまたはファイルとして) で送信することができます。

ALE

あるシステムから他の 1 つまたは複数のシステム (ほとんどは内部) と通信する場合は、ALE を使用してデータを配信します。ALE ではデータは IDoc 書式で転送され、データ転送用の tRFC の方法が使用されます。

  ALE では、複数の SAP システムまたは非 SAP システム間でのビジネスプロセスの統合が可能になります。

電子データ交換 (EDI)

ビジネスアプリケーション文書を (外部) パートナシステム (得意先または仕入先など) と交換する場合は、EDI を使用します。SAP システムでは、EDI メッセージは IDoc 書式で EDI サブシステムに送信され、共通 EDI 標準 (UN/EDIFACT または ANSI/X12) に変換されます。これにより、非 SAP システムとの通信が可能になります。

  定義により、2 つのパートナ (EDI メッセージの送信者および受信者) EDI アプリケーションシナリオのプロセスに関与しています。 

追加情報

  Structure linkIDoc インタフェース/ALE

 

 

コンテンツエリア終了