Select language:

オブジェクト文書カード照合番号

 

カード照合番号 (CVV) は、支払カード処理でセキュリティ機能の役割を果たす、カード番号に追加される番号です。

 

支払カードトランザクションの登録時に、この値を CVV 項目の[支払形態]タブページに入力します。法律上の理由により、CVV はビジネスパートナのマスタデータ内で保存できないため、手動で入力する必要があります。つまり、CVV を入力するのに、[入力可能値ヘルプ]や[デフォルトカード]を使用することもできません。

承認時に、CVV はその他のカードデータと共に決済代行会社に送信されます。決済代行会社は、CVV をチェックし、結果をシステムに送信します。結果は[支払形態]タブに表示されます。

CVV はトランザクション内に保存されるため、後で追加の承認を行う場合、CVV を再び入力する必要はありません。

カスタマイジングで、CVV チェックに対するシステムの応答方法を決定できます。たとえば、CVV が正しくない場合にシステムが警告を発行するように設定したり、トランザクションがそれ以上処理されることをブロックするように設定したりできます。

CVV チェックの結果がトランザクションで表示されるように指定するには、カスタマイジングで、  [カスタマリレーションシップマネジメント]   [基本機能]   [支払カード処理]   [トランザクション設定]   [定義: 確認グループ]  を選択します。

これらの結果の解釈方法を決定するには、カスタマイジングで、  [カスタマリレーションシップマネジメント]   [基本機能]   [システムモディフィケーション]   [支払カード]   [決済代行会社との通信構造]  を選択します。